GOMASHIOブログ

自身のワークライフ、メンタルヘルス、今までとこれからの英語学習について。

MENU

巻き込まれた…

私には統合失調症の友人がいる。

たまにLINEがきたり、電話が掛かってきたりして話したりしていたけど、昨日大変な事がわかった。

ネット、TwitterFacebookに私の住所、私と家族の誹謗中傷を拡散しまくっていたのだ。

心ある友人が、私宛の年賀状が宛先不明で返ってきたので、ネット検索したら誹謗中傷が見つかったと連絡をくれた。

最初はネット上で2件だけだったので、とりあえず警察に行き、サイト運営者に削除依頼したが、帰ってきてTwitterFacebookを検索したら出るわ出るわ。あたり構わず発信しまくり、一件一件削除依頼をするのも疲れてしまった。

とりあえず、法務省にアカウントのアドレスを送り削除依頼した。

せっかく薬の量を減らしていたのに完全にダメージを受けた。

さて、これからどうしよう。 まず、誹謗中傷の記事は何も2016年、名誉毀損は時効が3年との事で刑事事件は無理。

民事で提訴しようかとも思うが、相手が統合失調症であると心神喪失でお金の無駄遣いになる事が予想される。

いったいどうすれば良いのだろう。

法テラスにも相談してみようかと考えているが、解決しない気がする…

めんどくさい事になってしまった。

激動の一年を振り返る。

今年は人生で1番激動だったといっても過言ではない年だった。

10大ニュース的に振り返ってみようと思う。

10位 株価大暴落

現在、ZHDと三井住友建設保有しているが、岸田内閣となって株価暴落。LINEの個人情報リークもあり現在約30万円損失。 三井住友建設の杭打ち問題、いつになったら解決するのか。 買ってまもなく杭打ち問題で暴落して、結構な期間塩漬け状態なんだけど。早く復活してくれる事を祈るばかりです…

9位 はじめてのふるさと納税

ふるさと納税やった事なくて、節税効果もあるし遂に手をつけました。思っていたより簡単で、今年は米30キロ、和牛、ホタテ、サーモンをお取り寄せ!明日からは返礼品を食します♪

8位 英語勉強再開

しばらくお休みしていた英語の勉強を再開。色々迷走したけど、やっぱりTOEIC中心に学び直し。約1ヶ月継続中。来年は1月にテスト受験予定なのでしっかり勉強して、まずは400〜500を目指す。

7位 はじめての自転車キャンプ

休職中に爪痕を残すべく挑んだ自転車キャンプ。二度も転倒しながら、横須賀の夕陽にたどり着いた!でももう二度と遠くへは行かない。

6位 ブログ再開

休職を機に、ずっと休んでいたブログを再開。 休職してなかったら再開しなかっただろうな。 テーマも色々迷走したけど、今は自分の体験とメンタルヘルスについて書いていこうと考えています。

5位 Twitter再開

これも休職してから再開しました。闘病アカウントがある事すら知らなかった。 皆んな同じ様に苦しみながらも前に進んでいる姿に刺激を受けました。 Twitterにはあまり良い印象がなかったけど、節度ある使い方をすればとても有効なコミュニティだと思いました。

4位 屋根の修理で危うく近隣トラブル

昨年中古で家を購入し、テレビのBSアンテナをつけようとしたところ…屋根がボロボロになっていて取り付けできないと言われました。 ダメ元で購入した不動産屋に電話したところ、瑕疵として不動産屋さんが全額負担で修理してくれる事に!ついでに壁の塗装もやる事にしたがこれがちょっと失敗。 職人の態度が宜しくなく、近隣の方とトラブルに。まだ越してきて1年経ってないのに勘弁してよ…ご近所に頭下げ下げ。 その後引きずらなくて良かった。

3位 東京オリンピック開催

コロナ禍での開催だったけど、とても感動をもらった。日本女子バスケットボールのベルギー戦が鳥肌。日々努力を積み重ねた者にのみ、奇跡はやってくるんだなぁとしみじみ感じた。 Wリーグにもどハマりして、来年オールスター見に行きます♪

2位 実父他界から一周忌

昨年末父を亡くしてからあっという間に一年が過ぎた。亡くなった直後は強い寂しさは感じなかったけど、ふとした時に思い出すと寂しいというか、複雑な気持ちになる。いつかは自分にも必ず訪れる死。それにどう向き合っていくのか。より深く考えるようになった。

1位 はじめての休職

今年はなんと言ってもこれですよ。毎日納期問題のプレッシャーに晒され、仲間も信用出来ず、自分1人で戦っていた。そして心がポッキリ折れました。あの折れた瞬間忘れられないなぁ。もう全部どうでもよくなった。誰とも話したくないしメールも電話も何にもしたくない。 心が無になるって怖い。それから感情のコントロールがきかなくなって電話で怒鳴るは、メールに暴言書いて送りつけるはで完全異常者。 上司と1on1で対話した時に自分はもう無理だと伝えたのに、今諦めたら損するよと言われて休職を決意しました。やっぱり人にはわからないよね。 休職と同時に出世の道も絶たれたわけだけど、健康最優先。これも1つの区切りだと割り切って、新しい世界も視野に入れながらキャリアプランを考えていこうと思います。

来年の目標は、TOEIC500点/薬やめる/体重65キロ/新しいキャリア開拓

この4点を頑張ります!

皆様、今年一年お世話になりました!また来年も宜しくお願い致します🍀😌

りゅうころ

なんといっても今年は

特別お題「わたしの推し

今年は東京オリンピック有りました。

コロナで色々あったけど、開催されて良かったと思います。

そして、女子バスケットボールの快挙!

そこから高田マキちゃんはじめ、女子バスケットボール選手の明るいキャラとハングリー精神、技術の高さにどんどん引き込まれていき、昨日オールスターのチケット買っちゃいました♪

皆んな可愛くてプレーも凄いんだけど、インスタフォローしている羽田ビッキーズの星澤真選手が可愛くて、YouTubeでもエブリン選手のえぶの部屋で絡んでいてほぼ毎日見にいっている。

あと、安間詩織選手、ドイツでの活躍を応援してます!

オールスター、楽しみだ!

休職中にやっておけば良かった事。

今日で復職してから16日目となった。

生活リズムを取り戻す事は復職前にも意識してやっていたが、実際に復職すると疲れが半端じゃなかった。

体力作り

思ったより体力が落ちている。

少し歩いただけで息切れするし、疲れてやる気がなくなる。

ジョギングや早歩きで1万歩くらいは歩いておく必要があると感じた。

Web関係の学校に行けば良かったかと思った。

在宅でできる仕事のスキルを身につける事は必要だと感じた。

英語の勉強は継続しているが、習得には時間が掛かる。

転売や不用品売却

とにかく家族4人にそれなりの生活を提供出来る収入は必要だ。綺麗事ではなく、副業やボランティア報酬なども視野に入れて生活する事が大事だと思う。

もちろんメルカリなど不用品売却や、セドリなどは簡単に始められるからお勧めです。

家の整理

家の掃除、徹底的にやれれば良かった。

やる気出ない病気だからしょうがないけど。洗濯干しとたたみ、掃除機で燃え尽きていたから無理だった。

遠い場所へこもる

田舎のどこか遠くの静かな場所にただひたすらこもりたかった。 行き先がないので叶わなかったけど。 何にもない田舎で、ただ自然の中で過ごしたかった。 これからそれが出来る場所を探そうと思う。

I was born in North 9 State!④〜会社のガンと呼ばれた男〜

f:id:jokuaku7:20211213210003j:plain

なんとか工業高校を卒業した私は、神奈川県の電機メーカーに就職した。

半導体製造工場で三交代勤務。

夜勤手当が出るからそれなりに初任給も良かった。確か基本給が15万くらいだったと思う。

2か月目に色々引かれものがあって一桁になった。

当時は先輩や親に借金ばかりしていた。

やりたい放題やると当然すぐにお金がなくなる。

美容院、服、キャバクラ、ナンパ、楽しい事ばかりだった。

先輩達もそこまで仕事やる気なく。決められた通りやってれば良いんだよ的な感じ。

突発休暇は当たり前。飯を食うために働いているのに朝ごはん食べないで仕事行くのはおかしい!と自論を展開しお休み。

ファイナルファンタジーが出たらクリアするまでお休み。

キャバクラ行けば金足りなくてお姉さんに借りる…

会社にいったかと思えば、この先もずっと一緒に働くのなら遠慮してもしょうがないや〜と謎の思考回路が働き、先輩にも横柄な態度をとっていた。 先輩に椅子を押して貰って移動していたり、夜勤の時はある程度やる事やったら裏に隠れて寝ていたり、いつの日か「あいつは会社のガンやな」と言われる様になっていた。

ある時会社でお世話になっていた先輩が離婚した。結構キャバクラで遊んでいた先輩だった。 「もう自由になれたけど、なんか複雑やな〜。」と、もう1人の仲の良い先輩としみじみ話をしていたところに私が通りかかった。
自分「え、離婚したんすか?マジで?」
先輩「そうだよ、お前も慰めのひと言もないんかい!」
自分「いくらなんでも有りますよ〜、いきますよ、せ〜のリ•コ•ン! リ•コ•ン! リ•コ•ン!」
手拍子しながら離婚を囃し立てた。 次の瞬間先輩は怒り心頭、私のほっぺたを鷲掴みにして壁に叩きつけていた。手は怒りで震えていた。
「ごめんなしゃい」と呟いて許して貰った。
社会人になっても順調に友人を減らし続ける私。


出世欲もない、仕事もやる気ない。上司には反発する。社会人失格です。

特に女子大好きっ子だった自分は当時流行っていたテレクラ、出会い系をやりまくった。

たくさんの人を騙して、傷つけた。

当時は会社の寮の2人部屋に住んでいた。

隣に同期がいるのに連れ込んでいた。

本当に最低ですね。社会人失格というよりも人間失格ですね。

テレクラの技を磨くのに懸命だった事を思い出す。固定電話の受話器置くと凹むやつを指で押さえていて、なった瞬間に指を外して電話を受けるという最速技。

出会い系では悪徳サイトもたくさんあって、明らかなサクラがいたんだけど、途中でメール切れたり、会おうという話になるとぐずり出すやり方に腹が立ち、サクラとわかっていても課金しまくって嫌がらせのメールを送り続けてやった。お金無くなっただけだけど…

ある日、普通に連絡取れた女性と会う事になり、石川町で待ち合わせした。ヘルス嬢だと言っていた。白いボディコン着て行くから!と張り切って言われてテンション上がって待ち合わせのコンビニで待っていたら…ガングロだけど。ギャルだけど。顔が明石家さんま… テンション急降下。今日はやっぱり帰ると伝え丁重にお断りをした。 あの時のお姉さんの切ない顔を忘れない。

エキサイティングな街、新大久保。そこはアジアンな街であり、ハードな街である。 そこで出会ったのはニューハーフの韓国国籍のお姉さん。 言われるがままについていくと、お姉さんの部屋へ到着。ここまで危険予知能力ないとバカと言われてもしょうがない。 お姉さんは綺麗系だったけど声が男…


少しお酒飲んでお姉さんのベッドに案内され寝ている間、「まな板の上の鯉とはこの事か!」と緊張して待っていた。 お姉さんのおもちゃになってしまったが男の操は守った。やっぱ帰ります。原チャリに乗って帰宅した。

風俗も盛んな我が街、飲み会の帰りはだいたい皆で行っていた。通常は予約していくのが安全なのだが、その時はどのお店も満席。しかし同期がどうしても行きたいと言い張るので、飛び込みで入った。今では親を選べない事を親ガチャというが、この場合なんというのだろう。風俗ガチャか。そして自分の番、お姉さんとご対面。はい出ました、マツコデラックス〜。誰がコイツを雇用したのか。ちゃんと面接したのか。この商売で生き残って行こうと思っているのか。様々な疑問が浮かんでは消えていった。 お金払ったからとりあえず風呂には入るかと、服を脱いでマットに寝て適当にサービスを受けていたその時、我が息子に向かってその一言は放たれた。


「今日元気ないじゃな〜い?」
お、お前が言うなァァ! この話は今でも語種になっている。

23歳の時、ダンスのパフォーマンスを見てロックダンスにどハマりした。

渋谷、六本木のクラブに通い詰め、夜勤前にダンススクールに行き、会社で寝るという生活を繰り返していた。

ヒップホップ、ポップダンスもやるようになり、ダンスイベントやバトルをやる様になる。

しかし、そんな楽しい時間は長続きしなかった。

半導体業界は景気に大きく左右される。リーマンショックに耐えられず突然の工場閉鎖。

北九州に行くか姫路に行くか会社辞めるか選べと言われる。

北九州には戻りたくなかったのでなんとか関東で仕事を見つけたかったが、半強制的に北九州工場へ転勤が決まった。

この時会社の仕事はほとんどなく、会社ではプチプチで布団を作って寝ていた。

仕事といえば昼間に机やら椅子などの廃棄品を運ぶ事だけ。

仕事が終わって同期と飲みに行き、帰るのめんどくさくなって、コンビニで酒とつまみを買って会社に戻って三次会。そのまま朝まで寝ていた。

上司も、そのまま寝かせとけ。と投げやりな態度。

こんな会社あって良いのかと今では思うが、まあ、こんな会社だったから潰れたんやろな。

その頃ちょうど30歳になろうとしていた。

転勤をきっかけにその時付き合っていた彼女と結婚する事になる。

北九州編に続く…

I was born in North 9 State!③〜会社のガンと呼ばれた男〜

f:id:jokuaku7:20211209183822j:plain

私は普通の中学生だった。

小学校時代から気が弱く、イジメにもあったりしたが、中学生になるとバスケットボール部に入り、生徒指導に定評のある先生が顧問でなかなか鍛えられた。

三年間グレる事もなく、勉強もバスケットボールもそこそこの成績。

私はこの時、大変女子が好きだった。

思春期真っ只中の男子である。

当然と言えば当然。むしろ女子に気がいかない方がおかしい。

とにかく毎日学校で女子とおしゃべりするのが大好きだった。

しかしながら、思春期の男子には変に硬派な奴らもいて、陰口を言われていた事もあった。

心優しい友達からも、「皆に嫌われてるよ!」と忠告を貰った事もあるが、全然気にしなかった。

そんな事より女子とおしゃべりする方が断然楽しいから。

三年生の時、窓際の席だったのだが、窓の下の壁に「〇〇死ね」と落書きされていた。

この時も、なんか書かれてるな〜。くらいにしか感じなかった。

そんな女子大好きっ子だった私の最大の誤算は工業高校へ進学した事だ。

本当に何にも考えていなかった。

三者面談で、先生と親に勧められるままに進路を決めてしまった。

大学に行く気もなかったし、就職率も良いとの事だったので、じゃあそれで、って感じ。

その工業高校は隣街にあった。

私にとってはアウェイである。

入学早々にローカルヤンキーに捕まった。

トイレで肩が当たったとかなんとか。

工業高校は、勉強する科目でクラスが分かれている。

私は電子科というクラスで、半導体やプログラム言語を学ぶ。

他には電子機械科、設備工業科、工業化学科、電気科などのクラスがある。

はからずも設備工業科のローカルヤンキー番長に早速絡まれたというわけだ。

そいつは結構有名だったらしいけど、隣街だから全然知らず。クラスの皆に止められたが、放課後呼び出されて喧嘩をする事になってしまった。

その日は中学の同級生と地元の祭りに行く事になっていたので早く帰りたかったがしょうがない。後には引けない。

隣街の超絶ヤンキー番長(本職の息子さん)が立ち会いとかなんとかで、早速開始のゴングがなった。

いきなり顔面パンチ三発くらい貰ったのを覚えているが、喧嘩の時はアドレナリンが出ているから痛さは感じない。

どれくらいやったかわからないけど、そのうち相手の仲間が集まりだした。

直感で、「あ、コレあかんやつやん…」

と考えた。他勢にボコられると祭りどころではない…

とりあえず土下座でごめんなさいして、帰宅。

相手もなかなか根性あるとかなんとか言ってくれて和解となった。

予定通り中学の同級生と祭りに行った。

みんなといる時は楽しかったし、喧嘩の話もネタになって結構ウケた。

だけどその日寝る時に、その日の喧嘩の事を思い出しもの凄く後悔した。

謝らなければよかった。とことんまでやればよかった。悔しくて寝れなかった。

話は変わって高校でもバスケットボール部に入った。

偶然にも毎年県大会に出場する程の強豪校だった事を入部して初めて知った。

二年生の時、漫画スラムダンクが大ヒットし、にわかバスケットマンがたくさん入部してきた。

しばらくして皆辞めていったけど。

三年の時には、三年生が五人、二年生が二人、一年生ゼロ。

それでも何とか県大会まで行った。

高校時代はバスケットボールしか思い出はない。

なんといっても大好きな女子がクラスに三人しかいないのだから。

楽しくもなんともない。校門を通過するのはヤンキーかオタク。

俺はなんでこんなところに入ってしまったんだろう…とある朝、校門から少し離れたところで冷静に学校を見つめていた。

勉強も全くしなくなり、単位が取れる程度に学校にいってバスケットボールの練習前に学校へ行く事もあった。

学校ではずっと寝ていたし、当然赤点で補修だらけ。

おかげで38人いたクラスで、37番の成績をキープしていたが、最後の最後で、38番をゲットしてしまった。

そしていよいよ就職活動。成績が良い人から求人を選べる。

皆地元に就職したいから、人気の会社はどんどん無くなっていく。

私は決めていた。絶対大企業に入ると。

大企業に入ってしまえば簡単にクビにはならないし、もう死ぬまで安泰は約束されたも同然だ。と、この上なく足らない頭で考えていたのだ。

早く親元を離れたい事もあったので県外就職に全く抵抗がなかった。

希望の会社名を書く用紙に、第一希望から第三希望まで全部大企業を書き提出。

同じクラスから同じ会社に五人受ける事になった。

それはそれは皆私が落ちると思っていた。実際、そう言われた。

しかし、体育会系とは恵まれたもので、面接で元気いっぱいの態度で臨んだ事で見事合格。

同じクラスから5人全員合格だった。

ここから社会人での堕落した日々が始まる。

続ける事に意義がある!私の英語遍歴。

f:id:jokuaku7:20211205141039j:plain

私は30歳の時から学び直しをしようと考え、英語を選んで勉強を開始しました。

中学まではそこそこ勉強していましたが、工業高校に行くと決めてから全くと言っていい程勉強しなくなり、高校英語なんて全く覚えちゃいません。

なので、中学英語からやり直す事にしました。

個人レッスン

はじめたのは北九州にいた時。個人レッスンを受けながら、英検三級を目指して問題集と過去問を繰り返しやって、何とか合格できました。

そこから続けて準二級を受験、こちらも何とか合格。

ここからの道乗りが長かったです。

学研英会話教室

石川県に引っ越し、学研の英会話教室に通いました。スピーキングが中心の教室でした。

主婦の方々と世間話が中心のゆる〜い教室。

TOEICの授業も取りましたが、なかなか進まず。

英語の上達はあまりしなかったが、生徒と先生との時間は楽しく過ごせました。

NCC綜合英語学院

神奈川県に転籍となり、いよいよ英語から逃げたくないとの気持ちから、三年間悩んだ末にスパルタで有名な【NCC 綜合英語学院】に入る事に決めました。相当勇気のいる決断でした。

気になる料金はこちら

受講料金一覧(全科目・共通)


▪️週2回制

一年: 税込412,500円 (税抜375,000円)
半年: 税込253,000円 (税抜230,000円)
▪️週1回制
一年: 税込253,000円 (税抜230,000円)
半年: 税込165,000円 (税抜150,000円)

最後までやり遂げて条件を満たすと(独自)教育訓練給付を受けられます。※詳細はHPをご確認ください。

▪️受講料金の還付(税別)
講座(回数・期間)
受講料金(税込)/還付金額(税込)
週2回制/一年 412,500円/82,500円
週2回制/半年 253,000円/50,600円
週1回制/一年 253,000円/50,600円

私は週二回制のクラスを選択。最初のカウンセリングで勧められたので。カウンセリングの時に通える希望の曜日を伝え、後日決定。 私の場合、木曜日にネイティブクラス(実践演習)、日曜日に日本人先生のクラス(理論演習)でした。

何事もやってみないとわからないのでとにかく始めましたが、結論的にいうと暗記型瞬間英作文という感じが正直な感想です。忘却曲線に沿って復習もし、定着させるという勉強方式。週一回の日本人クラスで良かったと思いました。 理由はネイティブと話せるフリートークのクラスが無料であるのと、ネイティブクラスも15人制なのでほとんど喋る順番が回ってこないから。

基本的なクラスの勉強には独自のファイルを使用し、1クラス15人制。暗記した日本語文を英語で答えるという形式で、ひとりずつ順番に答えていきます。回ってくるまで待ち時間があるので効率的ではないと思いました。

文法など基礎からやりたいと言う人は上記とは別課題で【中学自由自在】を教材として、内容を徹底的に覚えます。演習問題を繰り返しやり、終わった時点で自己申告をしてテストを受けます。合格すれば次のステップへ。 単語、ボキャブラリーのプリントも基本クラスの内容に入っていますが、これを時間制限内に8割正解しないと次のステップに進めません。

相当な勉強量、時間が必要です。あと他の人を押しのけてでも喋ってやると言うモチベーションがないと遠慮していたら全然喋れません。

しかも自己学習。時間と根性がないと続かないと思いました。後半は必死で何とか通い終えましたが、最初に確認したレベルにコミットしているのかの確認は有りませんでした。

経済的にもとても継続する事は出来なかったので、半年の満期でやめたが英語が嫌いになりました。

しかし、中学で学んだ英語を繰り返し声に出して瞬発的に出す訓練としては良かったと思います。 進むペースが早いのでついて行くのに必死。先生たちも忙しく、なかなか質問しづらいですが、メールで質問事項を送ると夜中23時過ぎとかに電話が掛かってきて回答をくれます。 確かに熱心ですが、基本的な生活行動以外を全て英語に費やす覚悟がある方、基本的な英語が出来ている方ならやれると思います。

BizCom

TOEIC対策で会社の教育で受講。 NCCで英語嫌いになってから半年程時間を空けて、やっぱり勉強しようと思い再開しました。

独自のテキストと英語脳を作る回路を謳っており、リーディング、リスニング、スピーキングを満遍なく取り入れています。

現在も継続中。文法の勉強はないですが、繰り返し行う事で英語に慣れて行く方式。 こちらも忘却曲線を取り入れています。

f:id:jokuaku7:20211205133918j:plain

東京英会話クラブ

こちらはワンコインで公共の会議室などを利用した英会話クラブです。

場所によって料金は異なるのかも知れませんが私は溝口英会話クラブに通ってました。 一回500円。初級、中級、上級の机に分かれて進行の方の手順に従いゲームやトークをします。年齢層も幅広く、リタイアされた方が積極的に参加されていたりします。

コロナの影響で、全国的に一時開催中止となっていましたが、再開されたところもある様です。

Meetupアプリ

コロナが蔓延して東京英会話クラブが中止となった事から【Meetup】というアプリでzoomを使ってクラブが開催されています。

無料で利用出来ます。

基本的に毎週土曜日21時30分から。

このアプリ内では無料で英会話出来るスペースがあるので、会話特化の方にはお勧めです。

f:id:jokuaku7:20211205135405j:plain

先日も英検二級不合格、TOEICに再チャレンジするべく勉強継続中です。

道のりは遠い…